ホームへ  ホーム
弁護士による無料相談会
大きな画面で動画を再生する
日本全国対応!交通事故被害者無料相談ダイヤル0120-078-874受付時間9:30〜19:00
交通事故無料診断サービス
後遺障害と死亡事故
後遺障害
高次脳機能障害
遷延性意識障害
脊髄損傷
死亡事故
用語解説と解決事例
慰謝料
示談金
逸失利益
ライプニッツ係数
後遺障害等級無料診断
解決事例
示談までの流れ
よくあるご質問
弁護士紹介
プライバシーポリシー
交通事故被害者の力になる。
交通事故に自信あり。東京弁護士会所属 安部剛弁護士
大学卒業後、いったん公務員となり、その後、弁護士登録をする。
損害保険会社の代理人(顧問弁護士)などの経験を経て、現在は、交通事故被害者のための損害賠償事件を、数百件以上受任し、全国で交通事故無料相談会の開催やラジオ出演など行う。
相談料無料・着手金無料・弁護士報酬完全後払い
クイック自動計算で、保険会社からの提示金額が妥当かどうかを無料診断!大好評!損害賠償金無料診断サービス

交通事故被害者のための3つのポイント

「もうこれ以上の増額は無理です」といわれていませんか?
示談・慰謝料のポイントアイコン 弁護士に依頼すればもっと増額できる可能性があります!
破線
交通事故の慰謝料には実は「自賠責基準」「任意(保険)基準」「弁護士会(裁判)基準」という3つの基準があります。
足を怪我されたAさんの場合、後遺障害として5級が認定をされましたが、保険会社の提示額は約2000万円に過ぎませんでした。
ところが当サイトが受任した結果、慰謝料の基準が「弁護士会基準」となった事もあり、最終的には約2000万円増の4000万円で示談をしました。
交通事故被害者のための示談・慰謝料のポイント1
このようにどの基準が採用されるかによって賠償額が大幅に違ってきます。
当サイトでは損害賠償金の無料診断サービスを行っておりますのでお気軽にご利用下さい。
破線
 今すぐオンラインで損害賠償金を診断する!
破線
認定された後遺障害の等級に不満はありませんか?
示談・慰謝料のポイントアイコン 後遺障害の等級が上がる可能性があります!
破線
自賠責調査事務所が認定した等級に不満がある場合には「異議申立」という方法により再度等級の認定をしてもらうことが可能ですが、異議申立には専門知識や経験が必要不可欠であり、ご自分で異議申立をしたとしても等級が変更させる可能性が低いのが現状です。
当サイトでは医師が作成した診断書や検査結果の精査、医師への照会などを豊富な経験と医学的知識のある弁護士が行っていますので、異議申立により後遺障害の等級が変更された数々の実績を有しております。
交通事故被害者のための示談・慰謝料のポイント2
異議申立書の作成から申立までを交通事故専門の弁護士がフルサポート致しましますので、後遺障害の等級にご不満がある方はぜひご相談下さい。
破線
 今すぐ後遺障害等級無料診断を申し込む!
破線
弁護士なら誰に依頼しても一緒だと思っていませんか?
示談・慰謝料のポイントアイコン 豊富な経験・知識に基づいた
交渉力のある弁護士に依頼して下さい!
破線
弁護士にも医師と同じように専門分野というものがあり、弁護士に依頼する場合には、その弁護士が交通事故に詳しいのかどうかを見極める必要があります。
当サイトの代表弁護士は、以前は損害保険会社の顧問弁護士であったため、損害保険会社の社員からの数々の交通事故相談を受けていたこともあって、豊富な経験を有しております。
交通事故被害者のための示談・慰謝料のポイント3
損害保険会社の内情を知り尽くした交通事故のプロの弁護士にお任せ下さい。
交通事故発生 治療・通院 症状の安定(症状固定) 後遺障害の等級認定 保険会社と示談交渉
この期間にご相談下さい。弁護士が交渉いたします。
下矢印
交通事故に詳しい専門のスタッフが丁寧にお話を伺いますので、お気軽にご相談下さい。
まずは、損害賠償無料診断サービスをご利用下さい!
物損事故のみ、または、加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
損害賠償金無料診断サービスをご利用頂くと、ご相談いただく際により詳細なお話をさせて頂く事が可能です。是非、ご利用下さい。
FAXでご相談の方は、03-5366-5677まで送付して下さい。